ケアマネ試験 無料メールマガジン

まずは無料のメールマガジンをお試し下さいメール

メールで勉強法や過去問の解説などをお届けしていますよ手(チョキ)

メルマガ登録・解除 ID: 0000152393
ケアマネ試験に合格する方法!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

※空欄にメールアドレスを入れて「送信」をクリックすれば決定


合格体験談>東山桜子さん

『合格体験談』をお寄せいただきましたので、ご紹介します。


★お名前:東山 桜子さん

★2006年度 合格

★受験科目
 介護支援分野、福祉サービス分野



■体験談(投稿日:2007/01/11)

皆さん はじめまして 東山 桜子と申します。

桜子は花も恥じらう(?)四十路の女、年を重ねるごとに記憶が定着できないお年頃、早く受験資格がほしいと心待ちにしておりました。

そしてやっと待ちに待った第9回介護支援専門員実務研修受講試験を平成
18年10月22日(日)受けられることになったのです。

桜子は追い込まれないとやれないタイプ、さてどうしようかと考え始めたのは平成18年6月、何年も前の基本テキスト(古本屋にて100円で購入)をパラパラとめくり、すぐ気がつく。
「私の頭ではこんな難しい用語は理解できない」

基本テキスト(長寿社会開発センター)を使用しない、桜子でもわかるテキストで勉強しよう。

すぐに通信講座を思いつく(通学講座は通うのが大変なので諦める)。
何社かのパンフを取り寄せ、某有名会社の通信講座を申し込む。
手痛い、出費である。夫はお金がいくらかかっているか知らない。内緒

6月の中旬、教材が届く。試験日から逆算して勉強の計画を練る。
通信講座のテキストは全部で5冊、2冊を1か月で勉強して、最後の1か月を過去問、演習問題を解く時間に当てる非常に厳しい計画になった。

先に勉強を始めるのは法改正に引っかからない医療分野。
それから徐々に別の分野のテキストへ。

勉強していると、わからない言葉が妙に気になったりする。
けれど、細かいことにこだわらず進むようアドバイス(通信教材)があってそのようなものかと不安をかかえながら勉強をすすめる。

と、はじめはわからなかった事が少しずつわかってくる。
全テキストを終えた時、漠然とでも理解できるようになっていた。
9月のことである。

その頃「大丈夫かも」と、勘違いの自信をつける。
それはその講座と問題集が中級レベルくらいのものだったからであった。

9月20日頃、通信で模試を自宅で受けた。
全然、わからない(当然、判定は合格圏外)。
もろくも崩れた自信を取り戻すため、模試を受けた日から問題集を解きまくる。
間違った問題は自分の弱点と思い、問題集の解説をしっかり読んで理解した。(テキストはたまに見る程度で再度勉強する余裕は全くなかった)

この時使ったのは上、中級レベルの問題集各1冊。
問題をとく時に心がけたのは、○より×とする理由。
問題を解くほどに間違いも多かったけれど、モチベーションを上げる為に、自分に言い聞かせた。
「まだ試験じゃない。今ならまだ間に合う。間違い見つけた、がんばろう」って、そしてどんどん本当の自信がついた。

試験前日、仕事もこなし早々に勉強も切り上げ休めた。

試験当日、「昨年よりどうかレベルの高い問題が出ませんように」と祈り会場に向かった。
緊張はさほどなかったと言えばウソになる。

周りの鉛筆の音、ページをめくる音にまだページをめくることのできない自分に焦った。
けれど、今までどおりにやろうと言い聞かせ、直観を信じて最後までできた。自信はある。答えに迷った問題は直さない。そう決めていた。

試験が終わり、ホッとしたのも束の間今度は、試験結果が気になる。
解答速報で8割以上とれていたことを知る。
一つ安心すると今度は別の心配が頭をもたげる。

受験番号は書いただろうか?答えを書き間違いたりしてないだろうか?・・・・?と。気にすれば切りがない。
発表日、自分の番号をHPで見つける。
夫にすぐ電話、「おめでとう」と言われ妙に照れくさかった。


受験生の皆さんへ
桜子の体験談を読んでくださってありがとうございました。
少しでもお役に立つことができたら嬉しいです。
ぜひ、がんばってください。


【 メルマガの感想 】
メルマガは試験を受けた後に知りました。
桜子がもし試験を受ける前にメルマガを知っていたら絶対利用していました。
知るのが遅かったのがとっても残念です。
これから受験される皆さん、メルマガに登録して試験まで勉強頑張ってください。



★kotaからのコメント

東山さんは、通信講座を利用されたようですね。

勉強法はさまざまですが、通信講座をご検討の方は、早めに案内資料など
を取り寄せると良いと思います。

▽通信講座 資料請求(無料)
 http://keamanesiken.seesaa.net/article/21795420.html 


2006年度は法改正後最初の試験でしたが、東山さんの場合は、
先に法改正に関わらないところから勉強を始められたようですね。

自分の取り組みやすいところから勉強を始めることも、受験勉強ではとても大切な勉強法です。

また、模擬試験の後の勉強がとても素晴らしいと思います。

模擬試験を受けっぱなしにする方が多いですが、それはとてももったいないことですね。

模擬試験は試験ではありませんので、模擬試験を受けた後はしっかりと復習や弱点克服に努めると良いですね。


受験生の皆さん、どうぞ東山さんの体験談を参考にして、勉強にお役立てくださいね。


東山さん、貴重な体験談をありがとうございました。

今後の益々のご活躍をお祈りいたします。




スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

メール無料メールマガジンへのご登録はお済みですか?わーい(嬉しい顔)

メルマガ登録・解除 ID: 0000152393
ケアマネ試験に合格する方法!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

※空欄にメールアドレスを入れて「送信」をクリックすれば決定

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。